製品資料一覧
  加齢、肥満、糖尿病研究  
  (代謝疾患)のソリューション  
  
  • +資料請求
展示会ホールへ戻る
ウェブサイト
Web面談のお申込み
お問い合わせ・お見積りのご依頼
  加齢、肥満、糖尿病研究  
  (代謝疾患)のソリューション  
製品・サービスのご紹介
代謝性疾患研究におけるミトコンドリアエネルギー代謝機能評価
代謝性疾患研究におけるミトコンドリアエネルギー代謝機能評価

健康長寿社会の発展が期待される中、加齢に伴う老化関連疾患は医学的課題とされています。糖尿病や脂質異常症、メタボリックシンドロームのような代謝性疾患、リウマチなどの自己免疫性疾患や慢性炎症に伴う骨粗しょう症、同じく慢性炎症や肥満に伴う動脈硬化、そして細胞老化・代謝低下に伴うがんといった多岐にわたる疾患とその発生の機序は相互に密接に関連していることが近年の研究で明らかになってきました。 Agilent Seahorse XFテクノロジーは細胞の代謝変化をリアルタイムに測定することで、従来のエンドポイントアッセイでは捉えられなかった様々な代謝変化を定量的に分析・理解することが可能です。糖尿病をはじめとした代謝性疾患やの代謝特性評価などの研究領域において、XFテクノロジーのパワフルな測定技術によって数多くの新たな知見が見出され続けています。

詳細はこちら
慢性実験テレメトリー自動計測システム:グルコース連続計測ソリューション
慢性実験テレメトリー自動計測システム:グルコース連続計測ソリューション

健康長寿社会の発展が期待される中、加齢に伴う老化関連疾患は医学的課題とされています。糖尿病や脂質異常症、メタボリックシンドロームのような代謝性疾患、リウマチなどの自己免疫性疾患や慢性炎症に伴う骨粗しょう症、同じく慢性炎症や肥満に伴う動脈硬化、そして細胞老化・代謝低下に伴うがんといった多岐にわたる疾患とその発生の機序は相互に密接に関連していることが近年の研究で明らかになってきました。 糖尿病モデル動物において繰返し、経時的に血糖値をモニタリングすることは病態の進行および治療効果の評価に不可欠となっています。実験動物における血糖値計測は微量採血をにより採取した血液の電位差を計測する従来法と、皮膚に電極と貼付して血液を含む生体組織の導電率を計測する方法などがあります。DSIテレメトリーは、血管内に留置された酵素センサーと生体内に留置された無線通信デバイスにより、血中グルコースの連続計測を可能にします。IPGTTやIVGTTによる血糖値の迅速な応答やヒトの介在を最小限にした慢性的な血中グルコース濃度のモニタリングが可能であり、その優れた再現性や正確性、応答速度により新たな糖尿病研究に対する知見を提供します。

詳細はこちら
実験小動物in vivoイメージングによる脂肪評価・骨代謝評価
実験小動物in vivoイメージングによる脂肪評価・骨代謝評価

健康長寿社会の発展が期待される中、加齢に伴う老化関連疾患は医学的課題とされています。糖尿病や脂質異常症、メタボリックシンドロームのような代謝性疾患、リウマチなどの自己免疫性疾患や慢性炎症に伴う骨粗しょう症、同じく慢性炎症や肥満に伴う動脈硬化、そして細胞老化・代謝低下に伴うがんといった多岐にわたる疾患とその発生の機序は相互に密接に関連していることが近年の研究で明らかになってきました。 実験動物を非侵襲的、経時的に画像化するin vivoイメージング技術は、各種の老化関連疾患モデル動物において解剖学的、機能的な生体内変化を長期にわたってモニタリングすることが可能です。実験期間において変化する体脂肪量や筋肉量、骨量や骨密度、そして慢性炎症に伴う組織性状の変化を実験動物用にデザインされ最適化されたイメージングモダリティであるマイクロCT、DXA、コンパクトMRIを用いて画像化・定量化することで、トランスレーショナルリサーチを推進します。

詳細はこちら
関連ソリューション:実験動物を用いた血管系の評価
関連ソリューション:実験動物を用いた血管系の評価

健康長寿社会の発展が期待される中、加齢に伴う老化関連疾患は医学的課題とされています。糖尿病や脂質異常症、メタボリックシンドロームのような代謝性疾患、リウマチなどの自己免疫性疾患や慢性炎症に伴う骨粗しょう症、同じく慢性炎症や肥満に伴う動脈硬化、そして細胞老化・代謝低下に伴うがんといった多岐にわたる疾患とその発生の機序は相互に密接に関連していることが近年の研究で明らかになってきました。 加齢や生活習慣に伴う動脈硬化は、血管内皮機能の変化と慢性炎症を伴い粥状動脈硬化(アテローム性動脈硬化)へと進行します。これらの機序の解明する研究に用いられる実験動物モデル、とくに遺伝子改変など研究上の利便性が高いげっ歯類モデルでは、ヒトと比較して微小な心血管構造と少ない血液量、生理学的な特徴(高い心拍数など)により、in vivoでの血管機能の評価が困難でした。プライムテックが提供するげっ歯類を対象とした超音波エコー装置および超音波血流計、左心室内へ設置することのできる微小な圧力カテーテルにより、様々な臓器における血行動態、大血管における血流速度、血管弾性、血管壁シアストレス、脈波伝播速度(PWV)を評価することが可能です。

詳細はこちら