(株)日本バイオリサーチセンター セミナーとWeb展示場
開催期間:2024年2月8日09時00分~2024年3月13日17時00分
大変申し訳ございませんが、YahooやGmailなどのフリーメール、Docomo、softbankなど
のキャリアメール、競合他社様などドメイン制限を設けさせていただいております。
登録には、企業のビジネスメールアドレスをご使用ください。
企業のビジネスメールアドレスであっても、登録ができない場合がございますので、
お手数ではございますが、nbrkikaku@nisshin.comまで、
ご連絡くださいますと助かります。
その他、登録にあたりまして、ご不明な点などがございましたら、
お気軽にお問い合わせください。
お問い合せ先:株式会社日本バイオリサーチセンター 
営業企画部 TEL:058-392-2431(営業企画部直通) E-mail: nbrkikaku@nisshin.com
2024年3月12日 16:00 ~ 2024年3月12日 17:00
第12回 タウ伝播モデルマウスのご紹介

アルツハイマー病患者の脳では、Aβ とタウが異常な線維構造を形成し蓄積することが知られており、タウ蓄積病理としてはリン酸化タウが凝集線維化し、細胞内に沈着した神経原線維変化がみられます。また、脳内のタウ蓄積病理の広がりと認知機能障害の進行度に相関関係が報告されており、タウ蓄積病理はプリオン様に伝播していくことが報告されています。
そのため、そのため、タウ伝播の抑制はアルツハイマー病の新しい治療薬の開発の重要なターゲットとなり得るとされています。
今回のセミナーでは、タウ伝播が生じるモデルマウスとして、野生型マウスの脳内に“合成タウ線維”を注入し、注入後 1 ヶ月以降にタウ病理の形成・伝播が認められ、注入後 3 ヶ月以降に行動学的検査による認知機能障害が認められるタウ伝播モデルマウスについて、背景データを交えて紹介します。

試験部