プライムテック オンライン展示
プライムテック オンライン展示
開催期間 :2021年1月18日00時00分~2021年12月31日23時59分
ライフサイエンス研究における
最先端研究機器・ソリューションをご提供させて頂いております。
ご来場いただきありがとうございます。
WEBセミナー、出展ブースをご覧ください。
新着情報
  • 2021/9/15

    がん研究における統合的ソリューション~免疫細胞開発から活性評価、in vivoイメージングによる担癌モデル評価~のソリューションブースを公開しました。 詳細はこちら

  • 2021/7/12

    加齢、肥満、糖尿病研究(代謝疾患)のソリューションブースを公開しました。 詳細はこちら

  • WEBセミナー

    ※ ご覧になりたいセミナーをクリックし、『視聴する』をクリックしてください。

    2021年10月1日 09:00 ~ 2021年12月31日 16:59
    [オンデマンド配信]マイクロ流体拡散サイジング法を用いた感染症に対する免疫応答の特性解析

    2021/9/22に実施したWebinarのオンデマンド配信です。

    本ウェビナーでは感染症、特にCOVID-19への応用事例をマイクロ流体拡散サイジング法(MDS)と共にご紹介いたします。マイクロ流体拡散サイジング法(MDS)は固相化を行わなず、溶液中フリーの状態で相互作用測定が可能な新規測定技術です。

    MDS法により分子の流体力学的半径Rhを測定する装置で、より生体内に近い状態で、血清内の分子のサイズ変化(Rh値の変化)から分子間/タンパク質間の結合親和性を測定することが可能なFluidic Analytics社製Fluidity One-W/One-W Serumの概要もご紹介させていただきます。

    齊藤 拓哉 (プライムテック株式会社 研究支援部) 
    2021年8月30日 13:30 ~ 2021年12月31日 23:59
    [オンデマンド配信]抗体医薬品開発・免疫療法のための遺伝子合成ワークステーション~クローニングからmRNAの全自動合成まで~

    2021/8/27に実施したWebinarのオンデマンド配信です。

    BioXp™3250は、DNAやmRNAといった遺伝子の全自動合成を可能にし、合成生物学における全自動ワークステーションとしての統合されたプラットフォームを提供します。ご自身のベクター情報を外部に出すことなく300~7,200 bpのインサート配列をハイスループットにクローニング出来る他、1.8kbのmRNAの全自動合成、多様なライブラリプロジェクトなど、統合されたポータルサイト上から簡単に設計・発注が可能です。

    本セミナーでは、BioXp™3250の特長と応用例について、抗体開発研究などのケーススタディを交えながらご紹介させていただきます。

    有吉 純平 (プライムテック株式会社 研究支援部) 
    2021年7月22日 00:00 ~ 2021年12月31日 23:59
    [オンデマンド配信] 初期アルツハイマー病の学習と記憶の変化を予測する為のEEG観察アプローチ

    [視聴する]ボタンから申込み画面へ遷移します。

    ビタミンCの欠乏とマンガンへの曝露がグルタミン酸の摂取とクリアランスにどのように影響するかについて話し合います。一見穏やかな神経信号の変化でさえ、EEG活動の変化を通じて検出可能であり、学習と記憶のタスクのパフォーマンスの低下と相関しています。さまざまな年齢のベータアミロイド凝集と野生型コントロールのマウスモデルを使用して、ハリソンラボは、分子生物学、行動および電気物理学的手法を使用して、高レベルの古典的なアルツハイマー病の神経病理がない場合でも、認知機能低下の発症のトリガーを理解します。

    主な学習目標:
    ・神経活動の小さな変化が行動の有意な変化と相関していることを示す
    ・神経活動の小さなスナップショットではなく、ホームケージでEEGの長期測定を使用することの有用性を示します
    ・エクスポソームのさまざまな要因(食事と環境毒素)がアルツハイマー病の発症と認知機能低下にどのように影響するかを示します

    ※ライブ実施日:2021/7/21

    Fiona Harrison, PhD (Vanderbilt University Medical Center) 
    2021年7月28日 00:00 ~ 2021年12月31日 23:59
    [オンデマンド配信] 生活習慣病および関連疾患モデルにおいて、身体組成に着目したDXA法評価事例

    2021/7/27に実施したWebinarのオンデマンド配信です。

    糖尿病、肥満、骨粗しょう症など身体組成(脂肪量、筋肉量、骨密度など)の変化を伴う疾患モデル動物においては、その病態の進行および処置・治療効果を長期的に同一個体でモニタリングする手法が3Rの観点からも求められています。その有望な手段のひとつにマイクロCTやMRIといったin vivoイメージング技術がありますが、それらの中でも簡便性と迅速性、そして定量性の面で優れたイメージングモダリティとして二重エネルギーX 線吸収測定法が挙げられます。本ウェビナーでは、DXA法の有用性と疾患モデル動物の評価事例についてご紹介します。

    本ウェビナーのトピック
    ・実験小動物用DXA体組成・骨密度計測システムの特徴
    ・身体組成評価におけるDXA法と他の評価技術との比較
    ・褐色脂肪細胞(BAT)とアディポカイン、ミトコンドリア呼吸と選択的オートファジーによる脂肪量の変化、糖代謝と骨密度の関係性などNCDs、QOLを低下させる疾患群、そして肥満に対する研究事例のご紹介
    ・DXA法による実験用マウスの身体組成計測フローをライブ配信

    水流 功春 (プライムテック株式会社 ライフサイエンス事業部 研究支援部) 
    2021年7月8日 10:00 ~ 2021年12月31日 23:59
    [オンデマンド配信] バイオ医薬品開発における分光学的手法を用いたタンパク質の特性評価事例のご紹介

    2021/7/7に実施したWebinarのオンデマンド配信です。

    RedShiftBio社製 次世代タンパク質特性評価システム AQS3™proは、新規の分光学的手法であるマイクロ流体変調分光法(Microfluidic Modulation Spectroscopy; MMS)を用いたタンパク質・ペプチドの二次構造解析システムです。従来のタンパク質二次構造解析技術を大幅に上回るダイナミックレンジ、感度、精度を提供しながら、自動化された解析方法で、タンパク質の二次構造、類似性、安定性、凝集、定量に関する測定をラベルフリーで行うことができます。二次構造という、基礎的な構造情報を取得することにより、創薬・製剤・製造まで、すべての開発フェーズにおけるバイオ医薬品の特性評価をサポートします。

    本セミナーでは、MMS技術や抗体薬物複合体(Antibody Drug Conjugate; ADC)をはじめとした バイオ医薬品に関連した測定事例についてご紹介いたします。

    齊藤 拓哉 (プライムテック株式会社 研究支援部) 
    2021年9月17日 09:00 ~ 2021年12月31日 23:59
    [オンデマンド配信] 最先端のマルチモダリティイメージング技術を用いた小動物担癌モデル評価法のご紹介

    2021/9/16に実施したWebinarのオンデマンド配信です。

    本ウェビナーでは、がん研究におけるマイクロ超音波技術の位置づけと様々な研究事例、そしてFUJIFILM Visualsonics社が提供する最新計測技術についてご紹介します。

    ライブ配信セッションではプライムテックライフサイエンス研究室より、実験動物を用いたマイクロ超音波および光音響イメージングのワークフローをライブ配信いたします。

    【プログラム内容】
    1.Introduction of evaluation methods for small animal tumor-bearing models using state-of-the-art multi-modality imaging technology
    2.実験小動物のマルチモダリティイメージングワークフローの実際
     ~マイクロ超音波および光音響イメージングによる生体計測をライブ配信~
    3.Q&Aセッション

    Jithin Jose, PhD (FUJIFILM Visualsonics, Inc.)・水流 功春 (プライムテック株式会 
    2021年6月10日 00:00 ~ 2021年12月31日 23:59
    [オンデマンド配信] 新技術:GCI法を用いた高感度なリアルタイム分子間相互作用解析装置のご紹介

    2021/6/22に実施したWebinarのオンデマンド配信です。

    本セミナーでは、GCI技術やCreoptix社製 Creoptix® WAVE/WAVEdeltaを用いた測定事例、waveRAPID®法を含むソフトウェア機能についてご紹介いたします。

    WAVE/WAVEdeltaは、ラベルフリーサンプルのリアルタイム・カイネティクス測定を高感度、高速で行うことのできる分子間相互作用解析システムです。独自のグレーティング結合干渉法(GCI)技術、頑健なマイクロ流体工学および優れたソフトウェアにより、従来技術では測定が困難であったサンプルにおける課題を克服しました。

    瀬口 武史・ 齊藤 拓哉 ( プライムテック株式会社 研究支援部) 
    2021年6月9日 09:00 ~ 2021年12月31日 23:59
    [オンデマンド配信] 合成生物学によるワクチンおよび抗体産出と医薬品開発に向けた高感度特性評価系のご紹介

    CPhI2021(2021/4月)にて行ったセミナーのオンデマンド配信です。

    水流 功春・齊藤 拓哉 (プライムテック株式会社 研究支援部) 
    2021年7月15日 11:30 ~ 2021年12月31日 23:59
    [オンデマンド配信]加齢・肥満・糖尿病における細胞代謝エネルギー研究 SeahorseXFテクノロジーの老化関連疾患研究への応用

    2021/7/15に実施したWebinarのオンデマンド配信です。

    Agilent Seahorse XFテクノロジーは細胞の代謝変化をリアルタイムに測定することで、従来のエンドポイントアッセイでは捉えられなかった様々な代謝変化を定量的に分析・理解することが可能です。糖尿病をはじめとした代謝性疾患の研究領域においても、XFテクノロジーのパワフルな測定技術によって数多くの新たな知見が見出され続けています。

    本セミナーでは、様々なケーススタディを交えながらAgilent Seahorse XFテクノロジーの特徴と、老化関連疾患研究、とくに代謝性疾患研究における応用例をご紹介します。

    有吉 純平 (プライムテック株式会社 ライフサイエンス事業部 研究支援部) 
    2021年6月18日 17:00 ~ 2021年12月31日 23:59
    [オンデマンド配信] 神経疾患研究におけるミトコンドリア代謝の役割 ~Seahorse XFテクノロジーの神経疾患研究への応用~

    2021/6/4に実施したWebinarのオンデマンド配信です。

    さまざまなケーススタディを交えながら、神経疾患とミトコンドリア代謝の関係性、およびSeahorse XFテクノロジーの特徴についてご紹介します。

     ・Seahorse XFテクノロジーのご紹介
     ・ミトコンドリア代謝の重要性と、神経疾患における代謝の役割
     ・神経疾患研究におけるSeahorse XFの応用例

    有吉 純平 (プライムテック株式会社 研究支援部) 
    2021年6月10日 00:00 ~ 2021年12月31日 23:59
    [オンデマンド配信] アルツハイマー型認知症モデル研究に対する新たな睡眠評価アプローチ

    2021/6/25に実施したWebinarのオンデマンド配信です。

    アルツハイマー型認知症モデルマウスの睡眠の質を、マウスへのセンサー設置不要で連続的に睡眠覚醒サイクルのモニタリングが可能な小動物用 無侵襲睡眠・覚醒計測システムPiezoSleep®(SignalSolutions社)を用いた研究事例をご紹介いたします。

    坂井 勝彦 (プライムテック株式会社) 
    2021年6月11日 00:00 ~ 2021年12月31日 23:59
    [オンデマンド配信] VEVO 4 SERIES EPISODE 4 : BRAIN AND NEURO IMAGING

    [視聴する]ボタンから登録画面へ遷移します。お名前等を入力いただくと動画が表示されます。

    迅速で使いやすい超高周波超音波および光音響イメージングは、2Dおよび3Dで神経学的に関連する多くのパラメーターを評価できる非侵襲的リアルタイム高解像度技術を提供することにより、神経画像の制限を回避できます。 脳卒中および虚血領域、脳室内出血(IVH)または脳酸素化を評価する方法の詳細をご覧ください。

    Philippe Trochet (Fujifilm VisualSonics) 
    2021年8月6日 01:00 ~ 2021年12月31日 23:59
    [オンデマンド配信] アルツハイマー病の進行を遅らせるための睡眠の改善

    [視聴する]ボタンから申込み画面へ遷移します。

    アルツハイマー病のマウスモデルの睡眠の質を改善するためのTRNの急性活性化に関する研究結果を発表します。彼はまた、30日間の慢性的なTRN活性化が、治療期間中の睡眠の質を改善し、これらのマウスのβ-アミロイドプラーク蓄積を減少させる方法についても説明します。

    ※ライブ実施日:2021/8/5

    Rohan Jagirdar, PhD (Baylor College of Medicine) 
    2021年9月10日 09:00 ~ 2021年12月31日 23:59
    [オンデマンド配信] 実験小動物を用いた骨・体脂肪評価法セミナー ~マイクロCTおよびDXA法による計測から解析技術まで~

    2021/9/9に実施したWebinarのオンデマンド配信です。

    本ウェビナーでは、それらの課題の解決を目指した実験小動物用のマイクロCT装置およびDXA装置の概要とその研究事例、そして画像解析の効率化や自動化をサポートする画像処理ソフトウェアについてご紹介いたします。

    ライブ配信セッションではプライムテックライフサイエンス研究室より、実験動物を用いたマイクロCTおよびDXA計測のワークフローをライブ配信いたします。

    【プログラム内容】
    1.実験小動物用マイクロCTおよびDXA計測技術および研究事例のご紹介
    2.実験小動物のイメージングワークフローの実際 ~マイクロCTおよびDXA計測をライブ配信~
    3.3次元画像処理ソフトウェアAmiraによるCT画像解析事例のご紹介 ~骨・体脂肪の定量解析~

    水流 功春(プライムテック株式会社)・望月 優輝(Thermo Fisher Scientific) 
    出展ブース
    『創薬研究のための抗体・タンパク質・ペプチド解析ソリューション』・『加齢、肥満、糖尿病研究(代謝疾患)のソリューション』・『がん研究における統合的ソリューション~免疫細胞開発から活性評価、in vivoイメージングによる担癌モデル評価~』が公開中です。是非ご覧ください。
    開催概要
    名  称 プライムテック オンライン展示
    開催日時 2021年1月18日 00:00 ~ 2021年12月31日 23:59
    主  催 プライムテック株式会社
    お問い合せ
    プライムテック株式会社
    e-mail:marketing@primetech.co.jp
    東京都文京区小石川1-3-25 小石川大国ビル2F
    backtotop
    backtotop